ロゴ
HOME>トピックス>専門書でも高額が狙える?信頼できる買取業者に依頼しよう

専門書でも高額が狙える?信頼できる買取業者に依頼しよう

本

買取をする前の査定は大事

書籍の中古買取は確固たる市場が形成されている分野の1つですが、その中で専門書に関しては他の分野の商品と比較しても、査定に難しい面がある商品となります。一般の書籍に関しては、発行からの経過年数や見た目を中心に判別される個々の状態によって、それほど幅の無い査定額が出て来るものです。翻って専門書の場合は特定の分野に関する深い内容が記載される為、その内容自体に査定価値が生じます。ところがその内容と価値をしっかり理解する為には当該分野の基礎知識が必要になる為、誰にでも・どの事業者にもその正確な査定が出来るというものでは無くなっています。加えて、類似書籍の有無等の希少性まで加味されなければなりません。こうした事情から、買取前の査定は一般書籍と比較してより重要性を増す事になります。

本

複数の業者を比較して選ぼう

専門書は専門性や希少性の見極めが難しいので、複数の業者を比較しての査定が欠かせません。依頼する先は専門書の買取にも強みを見せている事業者となりますが、査定に必要な知識等との兼ね合いから、内容の分野が異なれば査定の傾向がガラリと変化する事が考えられます。各事業者がどの分野に強いかは外部から見極めるのは非常に難しく、査定の内容や金額から判断を行わざるを得ない面があります。また専門書に関しては、発売からかなり時間が経ったものを売却する事になるケースも多くなります。そうすると劣化が起き易くなりますが、一方で順次発売される性質の商品では無いという側面が合わさって、内容に拠ってはそれほど市場価値の減価が起きない可能性もあります。ですがその見極めにも高い専門性が要求される為、業者毎の差が如実に出易くなります。売る側としては適正且つ出来得る範囲で高い査定を得られる事が良い訳で、単体の事業者への依頼では充分な情報を得られない事は心得て置くべきです。